駆け出しIT土方の備忘録

公務員からIT土方になった僕のこれまでとこれから

TopCoderに初挑戦した件

あけましておめでとうございますー

 

今年もよろしくってことで淡々と書きます

 

 

//追記 2016-01-06

私が利用していたのは、arenaのwebバージョンだったために、劇遅だったらしい。サクサク使いたいたらappletバージョンで参加するべき

なお、このエントリも、webバージョンを利用していて書いたものです

 

以下、目次

  • TopCoderの魅力
  • ARENAのpracticeモードへの参加
  • 個人的な楽しい問題の解き方

 

TopCoderの魅力

年始には新しいことを始めたいと思い、TopCoderというサービスに参加し始めた。簡単に言うと、コーディングスキルを上げることができたり、コンペに参加できたり(超上級)とかなんとか。

 

なぜ?って言われると

基準があいまいに感じやすいコーディング能力を客観的に可視化できるから

だと思ってる

TopCoderでのポイントは、わりと転職サイトでちょいちょい選考基準に含んでいるのを見る→他のコーディング判断サイト?(paizaとかもろもろ)よりも有名だし本家?かなと

 

プログラミングの問題を提供するオンラインエディタ付きのサービスはよくある。paizaとか他多数、、、、

このサービスの最大の特徴は、実際にコーディングをリアルタイムで競い、レーティングを上げるモードがあり、賞金もでることから雲の上のような実力者がいるらしい、、、そんなことをいつか参加できたらええなーってな感じで、私のようなぺーぺーでもコーディングのスキルアップができるモード、それが「TopCoder ARENA practice」

こんな感じで、練習問題がざっとみ2000以上!?ありそう

ここでは、めきめき問題を解けば力がつくきがする!

 

 

ARENAのpracticeモードへの参加方法

行くまで迷いそうなUIなのでご参考に

会員登録を済ませ、ログイン後、サイト中部のPRACTICE ON PAST PROBLEMS

内の「PRACTICE PROBLEMS」をクリック

 

 

私は、掲載時に最も簡単な「Hex」という問題(pointは150)に挑戦。

 

 

個人的な楽しい問題の解き方

問題分は書いてはいけない規約があるので、省きますが

上部に問題部分

下部に解答部分となっています

問題文は、Google翻訳でニュアンスを理解できる(最近翻訳精度が爆上げしたお陰)

ただし、出力結果が正解と一致するかしないかのみが表示されるので、

このコードのどこがおかしいんだ!?ってときはpaizaのオンラインエディタで確認(もっといい方法ありそう笑)

なんとも、一見ややこしそうなもの30分ほどだらだら書きながらやっていき、やる気がなくなりギブアップ

しかし!!!!

その日の入浴時に、パッと簡単な解法がでてくるとスラスラ~と解けました。

がっつり書かなあかん!っていうような問題も、ほんとにコツを見つければ劇的に簡単になるんです!!!!

てことで、解答をsubmitし、Testをすると、Failed!!なんでやねんと思いながらも、コツがわかったのに満足してまた次の問題に移るのです。

 

常に、頭ん中に行き詰まっている問題を置いといていると、仕事・通勤の最中に、パッと解法が浮かぶことがあって楽しい!!

私はこの経験で楽しくなってハマりました!!!

みなさんもぜひやってみてー