駆け出しIT土方の備忘録

‪公務員からIT土方になって更にベンチャーのエンジニアになった僕のこれまでとこれから‬

独自フレームワーク(笑)

現状報告

 

・初めての現場は独自フレームワーク

Javaを本格的に学習し始めて1か月にして、初めての現場入場。

Java回りはsilverも取得できたことだし、sqlも基本書は読み込んでパズル本にガリガリ取り組めるほど。不安なのはStruts。まあそんなフレームワークやし、勉強せんくてもついていける!!とか安堵してた僕がバカだった

 

開発環境の設定はOJT(とかいう制度があるのか知らないが)の先輩が丁寧に教えてくれた、そのあとも要件定義と基本設計書のフォルダ位置を教えてもらって、、、、、、

 

要件は、既存のシステムを修正して新機能追加してください!って感じ

既に詳細設計まで進んでいるようだ

 

先輩「じゃあ、このA○○○とA○○○の機能の詳細設計書を作っていってねー、ひな形はここにあるから」

僕「…はい」

僕(え、これだけ??こんなんでおれ詳細設計てできんの!?)

 

いじくる予定のコードを拝見したが、もうなにがなんだか理解不能(泣)

アノテーション!?これってエラーを検出するためのやつじゃなかったっけ?

独自のフレームワークを採用しているらしいが、StrutsやSpringやiBatisなど各所にぞろぞろ出てくるタグやアノテーション

 

わからないところだらけすぎたが、

先輩「わからないところあったら何でも教えるよー」というセリフを信じて聞くが、ピンポイントすぎた回答で、俯瞰的に全く見れない

 

500円玉ぐらいの大きさのことを聞いたのに、帰ってくるのは針の先ほどのピンポイント回答だった

 

・人間関係とか

希薄すぎて焦る。一日中人としゃべらないから、人としゃべる能力がなくなりそう、ゆっくりおだやかに退化する感じ、同期に聞くと、飲み会も今まで一回もないらしい

 

 

なんか書いてて悲しくなってきた

とりあえず、今週中にSpring MVCアノテーションを必ずまとめる