読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出しIT土方の備忘録

公務員からIT土方になった僕のこれまでとこれから

JavaGoldのためのかゆいところに手が届く備忘録と出張の話

とりあえず、以下Qiita初投稿

 

qiita.com

 

ラズパイでゆっくりさん目覚まし時計を作成したときに投稿しようと思っていたがアカウントを作って放置していました(実はこのブログもそのことを書くために作ったのだが、まだ記事をかけていない)

 

4月に移動になるようなので、勉強半ばであるjavaSE8Goldをそれまでに片付けねばならなくなったので、急いで勉強中です(泣)

 

Goldに受かるスキルを学ぼうと考えると、Silverではできたが読むだけでは絶対に理解できないと1か月勉強したのちに気付きました、、

なので、参考書に出てくるコード的なのをわかりやすくかみ砕いて随時これから載せていきます

 

余談ですが、

SIerに入社してまだ1年もたっていないのに、出張らしいです

関係者曰く、転勤ではなく長期出張扱いなので、毎週土日は新幹線で地元に帰り、平日は出張先でホテル暮らしとのこと

最高ではないか

毎日湯船につかれるし

毎日バスタオルも歯ブラシも補充されているし

なにより毎日部屋がきれい

一つ気になるのが、転勤ではなく出張としている点。使えないと思われたらすぐリリースできるようにするためということなのか、、、だとすると、会社って怖い(笑)

公務員の時には決して味わえないであろうドラスティックな展開。全力で残り続けなければ未来はなさそうですので居残れるよう頑張ります

 

 

ざっと人生を振り返る

なんかむしゃくしゃしたので書く。

 

自分の人生は自分で決める。

ってよく聞くけど実際のところどうなのだろう。

 

最近、周りへの劣等感からか自分の人生を振り返ってみる

私はよく皆さんがいう「寺社仏閣」で生まれた。

 

政治家や財閥など「世襲」はどこにでもあるが、その中でスクスクと育てられた後継者はだいたい自分の親族の仕事に不満を持たず将来に喜んで世襲する人が多いのではないかと思う(場合によっては洗脳めいているが)。私は全く違う。

 

だが、両親がしていることは子供の頃から理解していた。客観的に見て悪いことではない(できる限り客観的に見ているつもり)。献金を無理やり要求したり物を買わせたりは全くなかった。むしろど貧乏だ。これが今のこの私の現状を作った最も大きな要因である

 

両親のそういう活動の一つに、毎週の早朝駅前ゴミ拾いがあった。もちろん見返りなどはない。

楽しかったのは覚えている。人のために尽くすことは嫌いでなくむしろ好きだ。しかし、小学生の私には普通らしい暮らしとは思えないほど生活は苦しかった。

 

なんとかこの現状を変えたいと思ったのは高校2年の頃だった。ずっと、高校を出たらすぐに就職して家にお金を入れようと思っていた。だが、違う。もっと根本的に変わらないとだめだ、と思った。

 

そこから、そこそこに勉強してわりと有名な国公立大学に入った。

しかし、受験が終わり大学に入った頃には、雑草魂のような勉学へのバイタリティーやモチベーションはなくなった。大学・親元を離れた下宿先が平和すぎた。平和ボケしている状態で、私は実家には戻りたくないという一心で公務員になった。それももう少し頑張れば霞が関のレベルまで。あと少しなのに最後の1週間に試験対策をおこたった、こういうところからも平和ボケをしていることが書いていて感じる。

 

しかし、晴れて公務員になったあとに両親や実家の現状を聞いて一気に目が覚めた。やっぱり貧乏だ。度々実家に帰っては骨までしみるような貧乏の冷たさを痛感した。

 

こうなっては公務員とは何のためになったのだろう、と思う。努力して出世しようと考えるが、公務員の鉄則、年功序列の前では無駄だ。

 

じっくり時が経つのを待つ。両親や実家の現状を目の当たりにしながら10年ぐらいまてば給料とボーナスもグッとあがるらしい。こうなればもはや自分の人生が死んでいることに気づいた。自由などない。何年も待てるはずがなかった。

 

 

気づけば転職活動を始めていた。

どうせやるなら好きなことをとことん突き詰めたいと思った。

 

そうして今の私がある。

辞めてみると頻繁に、あの時辞めて良かったのか、という後悔が襲ってきた。

 

毎回私は悩んで悩んでここに書いたことを頭で巡らして一応納得する。だがまた時間が経てば後悔が襲ってくる。

 

辛い。だから頭の中を書いてみてこれでその後悔にケリをつけることにした。

 

私は正しい。絶対に。

メタルスラッグのドットがもはやオーパーツ

おはようございます。

 

だんだん冷え込んできて辛い。

 

ラズパイにRetropieを入れてまでやりたかったゲームの一つに、「メタルスラッグ」があって、この前やっとこさプレイできました

 

とりあえず物は試しにシリーズの3をやってみる。すごい、、ヌゥルヌル。

 

普通のドットのゲームって例えばマリオだと、プレイヤーが何も操作をしなければ、静止画のように画面が止まる場面は多々ある。メタスラ3では、キャラがあくびをしたり細かく肩が動いている。なんとも2dとは思えない人間味。

特にゾンビ状態でゾンビからの攻撃を受けた時の演出は神っていた

 

3は旧SNKが作ったため、音楽や難易度•ドット技術など全てが最高傑作と言われることが多々あるらしい。

ズブのにわかが3からやってしまって申し訳なく感じたので、初代もやってみた

 

圧倒的ヌルヌル感

私がこの世に生まれた頃に初代メタルスラッグが発売された と思うと、もはやこれはオーパーツの類いではないかと感じる。

 

しかし、これらの種類のほとんどがゲーセンに置かれていたことが信じられない。1クレジット50円?100円?200円?なんにせよ私の場合、3の最後まで行くのに20回はコンティニューしてる。それでも言い表せないような爽快感でやめられなかった(笑)。当時これをクリアする奴はとてつもないスキルを持つか、小金持ちかどっちがじゃないのか。

 

 

 

 

TopCoderに初挑戦した件

あけましておめでとうございますー

 

今年もよろしくってことで淡々と書きます

 

 

//追記 2016-01-06

私が利用していたのは、arenaのwebバージョンだったために、劇遅だったらしい。サクサク使いたいたらappletバージョンで参加するべき

なお、このエントリも、webバージョンを利用していて書いたものです

 

以下、目次

  • TopCoderの魅力
  • ARENAのpracticeモードへの参加
  • 個人的な楽しい問題の解き方

 

TopCoderの魅力

年始には新しいことを始めたいと思い、TopCoderというサービスに参加し始めた。簡単に言うと、コーディングスキルを上げることができたり、コンペに参加できたり(超上級)とかなんとか。

 

なぜ?って言われると

基準があいまいに感じやすいコーディング能力を客観的に可視化できるから

だと思ってる

TopCoderでのポイントは、わりと転職サイトでちょいちょい選考基準に含んでいるのを見る→他のコーディング判断サイト?(paizaとかもろもろ)よりも有名だし本家?かなと

 

プログラミングの問題を提供するオンラインエディタ付きのサービスはよくある。paizaとか他多数、、、、

このサービスの最大の特徴は、実際にコーディングをリアルタイムで競い、レーティングを上げるモードがあり、賞金もでることから雲の上のような実力者がいるらしい、、、そんなことをいつか参加できたらええなーってな感じで、私のようなぺーぺーでもコーディングのスキルアップができるモード、それが「TopCoder ARENA practice」

こんな感じで、練習問題がざっとみ2000以上!?ありそう

ここでは、めきめき問題を解けば力がつくきがする!

 

 

ARENAのpracticeモードへの参加方法

行くまで迷いそうなUIなのでご参考に

会員登録を済ませ、ログイン後、サイト中部のPRACTICE ON PAST PROBLEMS

内の「PRACTICE PROBLEMS」をクリック

 

 

私は、掲載時に最も簡単な「Hex」という問題(pointは150)に挑戦。

 

 

個人的な楽しい問題の解き方

問題分は書いてはいけない規約があるので、省きますが

上部に問題部分

下部に解答部分となっています

問題文は、Google翻訳でニュアンスを理解できる(最近翻訳精度が爆上げしたお陰)

ただし、出力結果が正解と一致するかしないかのみが表示されるので、

このコードのどこがおかしいんだ!?ってときはpaizaのオンラインエディタで確認(もっといい方法ありそう笑)

なんとも、一見ややこしそうなもの30分ほどだらだら書きながらやっていき、やる気がなくなりギブアップ

しかし!!!!

その日の入浴時に、パッと簡単な解法がでてくるとスラスラ~と解けました。

がっつり書かなあかん!っていうような問題も、ほんとにコツを見つければ劇的に簡単になるんです!!!!

てことで、解答をsubmitし、Testをすると、Failed!!なんでやねんと思いながらも、コツがわかったのに満足してまた次の問題に移るのです。

 

常に、頭ん中に行き詰まっている問題を置いといていると、仕事・通勤の最中に、パッと解法が浮かぶことがあって楽しい!!

私はこの経験で楽しくなってハマりました!!!

みなさんもぜひやってみてー

経験0からJava silverに合格した件

そういえばつい2週間前にjava SE8 silver認定資格を取得しました

 

これから勉強する予定の方や受けるか迷っている方に向けて、テキトーですが僕の勉強記録をまとめてみました。

僕の場合はJavaは全くの無知です

 

 

  • 勉強前・勉強中

会社からの資格取得補助でお金をもらえる姿を想像しましょう(笑)

 

  • 0日目(勉強開始)から4日目

公務員を辞めて、会社に入るまでの猶予期間だったため、1日4.5時間ほど

基本は1章まとめて解いて、まとめて答え合わせ。

しかしことのき初見だったので、全く何が書いてあるかわからない問題はすぐに答え合わせをしました。

だいたい2周できると思います。

このとき大事なことは、ノートに全部分からないことを書き起こしていくことです。汚くても、書いて覚える!参考書は厚くてスペースを取るので、通勤のときなどにはこのノートで復習ができる!めっちゃ役立つ!

  • 5日目から10日目

仕事が始まり、1日1.5時間程度。

このときもひたすら章ごとに解いて答えあわせこのときには結構問題を解くスピードも速くなっているはず!このとき大事だったことは、気になることはガンガンノートにメモって、翌日に職場で聞けたこと!働きながら勉強するとこんなメリットもあります(笑)

ある程度余裕になったら、章末の模擬試験を受けましょう。ここで大事なのは時間を意識して解くこと。僕は時間余裕やんドヤァで50パーセント。絶望しました

  • 10日目から62日目(笑)

モチベーションダウン。

全く勉強してません。

  • 62日目から68日目

不意にこの会社いつか絶対辞めてやると思って、将来のために再び勉強を始める。ムリヤリ1週間後に予約をしました。

昼ご飯時と通勤時に1日2時間、章末問題をこなしつつ、つまづいたらテーマ別の章をやりこむ。

試験前日には章末問題95%までに到達しました

 

  • 前日

これほんと大事ですが、

いつもの解いてる環境とは違う環境で緊張感を持って解く。例えば家でいつも勉強していた人はスタバとか。スタバで勉強していた人はカラオケボックスで解くとか。

私の場合は、問題を自宅のコタツでリラックスして解いていたため、本番のデスクに座ってパソコンカチカチして解く環境に死ぬほど緊張しました。

 

  • 結果

85%で受かりました。合格ラインは65%

わりと余裕でしたが試験中は焦ってましたが。

受かった後はcertviewから見れます

速いです。受けてビルから出るころには受験合否メール届いてました(笑)

 

使ってた書籍はこちらです👇

 

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集[1Z0-808]対応

 

 

 

 

ボーナス

今年もボーナスの時期がやって参りました!

 

しかし私の場合は9月入社でまだ半年も経ってない小僧、、、

ボーナスなんか貰えるはずがないと(もらえても5万くらい)思っていたんですが

思ったより出ました(ニッコリ

 

テンション上がって帰り道の途中に数えてしまった、、、今思うと盗んでくださいって言ってるようなもんよなぁ

 

やけど気になったのは、ボーナスは手渡しで貰うので他の社員の方のボーナスの袋は遠目に見えていたが、全く厚みがないことに気付いた

あんな年食ったおっさんでもあれだけかぁ、と凹んでしまった

 

いつかもっとええとこいったると思ったのでした。

 

 

Raspberry pi 3 キーボードディスプレイ不要ブリッジ接続からWifi構築 (2)


3.ブリッジ接続から無線LANへの移行
次に、現状ではインターネットにつながっていないラズパイをつなげます。
まず、上の画面ではLinuxのコマンドを打っていくのですが、筆者は初めて触れるのでまず管理者権限をまるごと取得しました。$の後に、

sudo su


でEnter。

基本、「権限が~」みたいなことを言われたらこれで対応できるはず?です


次に、無線LANの設定をします。

sh -c "wpa_passphrase "ここに無線LANSSID" "ここに無線LANのパスワード" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf


これを実行します。実行してもなにも表示されないので、以下のコマンドで、configファイルに書き込まれているか確認

cat /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf


これによって

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
    ssid="●●●●●●"
    #psk="●●●●●●"
    psk=●●●●●●●●●●●●
}


というふうに、無線LANが追加されていたら成功です。
あとは、

shutdown -r now


で、再起動してやると、反映されているはずです?

 


4.画面を取得
もうちょいです!あと少しで終わります!
ラズパイの画面をPCに移すにはVNCWindowsリモートデスクトップを使います。
筆者はWin10に標準装備の後者を選びました
まず、ラズパイにTeratermでアクセスし、以下のコマンドで、必要なパッケージがダウンロードされます。

sudo apt-get install xrdp


これがうまくいかないようなら3.で躓いている可能性が高いです


そして、Bonjourで自動取得しているラズパイのIPアドレスリモートデスクトップをするには調べる必要があります

ifconfig

赤〇部分で塗ってある部分がブリッジ接続時のラズパイのIPアドレスです。

そんで、Windowsリモートデスクトップに先ほどのIPアドレスを打ち込み、usernameとpasswordにラズパイのものを設定しOk押下でつながるはずです!

つながったら↓こんな感じです。お疲れさまでした。